株式会社 杉田自動車塗装工業
業務内容

板金・塗装について

板金・塗装とは?

何かの事情で車が傷ついた場合(小さな凹みから、大きな事故修理等)、一部のパネルやドアを交換することがよくありますが、新車の組立工場から同じ色の物を取り寄せて変えるのではありません。色の塗られていない、ドアやパネルを調達して周囲のパネルや色に合わせハンマー等で叩いたり、溶接したりした所を補修塗装し、新車のように元通りに仕上げることです。

修理箇所の名称について
修理箇所の名称

板金・塗装へのこだわり

一般的にはあまり知られていないことかも知れませんが、補修塗料と新車の塗料はまったく違います。 新車に使われているのは「焼付け塗料」といわれ、高温で塗料を硬化させます。補修作業で車をそのような高温にさらすとすると、シートをはじめとする内装や部品は、変質したり、溶けたりしてしまうでしょう。 そこで、補修には性質の異なる専用の塗料が使われているのです。同じ車種で同色であっても、海の近くに住む人の車には、当然その影響が現れて微妙に元の色から変化したり、赤外線に長くさらされたりしても、車の色は変わって来ます。補修塗料はそれらの違いも全てカバーし、元通りの色にする使命をもっています。 卓越した技術と知識を持つスタッフがいる専門工場が安心です。
DU PONT塗料

施工例:SUZUKI WAGON R
1 2 3
       
4 5  
Copyright SUGITA CAR PAINTING Indystry's .inc All right Reserved.
メールはこちらから 株式会社 杉田自動車塗装工業 サービス一覧へ 見積もりはお気軽に!